vアップシェイパーemsでかぶれてしまう3つの原因とは!?

vアップシェイパーemsのジェルはケチらずにまんべんなく使う

vアップシェイパーemsは体の内部奥まで届く周波なので、慣れないうちは肌がピリピリしたり、皮膚がかぶれてしまう方もいます。それだけしっかりと体の奥まで届いて作用しているという証拠でもありますが、そのまま放置しては軽いやけどになってしまったり、つけているのに効かないという結果になってしまいます。周波を内部に伝えつつ、接している皮膚には負担を掛けないようにするには、vアップシェイパーems専用に専用のジェルを全体にしっかりと伸ばしてつける必要があります。

vアップシェイパーemsでかぶれてしまう3つの原因は?

使っている方がかぶれてしまうという声で多いのが間違った使い方です。中でも多い3つの原因が寝ながら使っていた、痩せたい一心でやりすぎた、ジェルを付けなかった少量だったケースです。つけるだけでいいとはいえ、偏った姿勢では片方だけ周波が強く当たり続けて負担がかかってしまいます。同じように長時間強く刺激を与えるのも良くありません。vアップシェイパーemsを使うときにはクッションとなるクリームも付け方をまんべんなくたっぷり使用することが大切です。

ジェルは代用してもいいからたっぷり使うべし

皮膚を傷めないで体の内部の脂肪をとるには、使うときに専用のマグマジェルを500円玉ほどの量を全体に伸ばして使うのがお勧めです。富士山の溶岩のミネラルが含まれていて、代謝アップなどの効果がありシェイプアップに相乗効果です。ただ肌荒れ防止で安全に使いたいというなら、他のもので代用しても問題はありません。例えば多くの販売店で取り扱いがあるプロウォータージェルでも問題はありません。こちらもべたつきがないので使いやすいです。

VアップシェイパーEMS=腹筋割れるじゃないので注意!

ダイエットの効果が一番に出るウエストの脂肪が燃焼され、くびれがはっきりとするのがvアップシェイパーemsです。インナーマッスルに働きかけるとはいえ、筋肉を鍛えるマシーンではないので腹筋は割れませんので引き締めるアイテムととらえましょう。パワーネットと折れない特注のボーンでつけた瞬間から背筋が伸びて姿勢が良くなり、腰の負担が減るので腰痛の改善にも役立ちますので、美容面と健康面の両方で効果を実感できます。

ネットの評判からわかった注意点

一部では使うと肌がピリピリ感じたりやけどしたなどの声もありますが、それは使い方を正しくしていないことが原因です。正しい位置で正しく使えば安全でインナーマッスルまで届き、姿勢の矯正やくびれをもたらしてくれます。注意する点はジェルをたっぷり使い、塗り方もまんべんなく伸ばすことです。そうすればかぶれや肌荒れも起こらずに安心して快適に使えます。難しくはないので、使い方をマスターしてコツコツと使い続けて悩みを解消しましょう。